稲庭うどん 七蔵(新橋)  ★★★★★                Inaniwa Udon Noodles nanakura(Shimbashi)

港区(Minato-ku)

中毒性の高いスープとのど越しの良い稲庭うどんの絶妙のハーモニー

ある方から教わって以来、不定期的に通っている都内でも珍しい稲庭うどんのお店。
正直稲庭うどんのスタンダードが何なのか良く知らないが、ここのはめちゃくちゃ旨い。

場所は 新橋駅 ゆりかもめ訪問(SL広場の反対側)近くにある新橋駅前ビル1号館2階
1Fにはこれまた有名なポンヌフなどが入っているビル。

まず入店すると 学食の様に先会計で注文する。
メニューは以下の通り、

稲庭うどん 七蔵特製スープつけ麺 
大 1,350円
中 1,150円
小  950円

上記にプラスミニどんぶりセット
大 1,650円
中 1,450円
小 1,250円
丼ぶりの種類は ばらちらし丼、まぐろ漬け丼、サーモンといくらの親子丼、山かけ月見丼
から選べるようになっている。

お腹もそこそこ空いていたので、うどん中サイズ+色々な素材が愉しめる ばらちらし丼を迷わず チョイスして お支払い。
ほどなくして、席を案内される。

緊急事態宣言最中であっても、ほぼ満席状態。 以前は店の外まで並んでいたので
ある意味 こういう人気店を労なくして楽しめるのは有り難い。

さて、5分経ったか経たないかぐらいで 運ばれてきたのがこれ!

pic①

まずは スープを味わいたくて、うどんからいただく。

つるつるとのど越しの良い稲庭うどんに、この他で味わうことのない、旨味の凝縮された
スープが乗ってきて 最高のハーモニーが口の中で奏でられる。

うどんは冷やして締めてあり、スープは人肌程度に温かく、私のような猫舌でも
どんどん すすれてしまう。 

あ、ここで、ばらちらしも紹介。

 その日の仕入れによって具材は変わるようだが、

 本日は マグロ、ブリ?、子持ち昆布、イカ、イクラ、たまご、きゅうり、煮しいたけ
 すでに味付けされてるので、そのまま食べられる。
 具材はさいころの様に カットされていて、食感の違いも楽しめるし、主張しすぎない
 ので、どんぶりとして まとまっていてナイス!

 さて もう一度うどんを食す。

これこれ、このスープ。
ホームページhttps://nanakura.co.jp/を見ると、中身は カツオ節、セロリ、鴨肉などをベースに出汁を取り、鴨肉をペースト状にしたものと、ゴマペーストを加え、しょうゆ、みりん などで
調整しているそうです。
なんとも奥深い味がするはずだ・・。

そしてお店の入口にも注意書きがあるのだが、スープには ふきのとう と ネギ が入っている。
このふきのとう が のちのち 素晴らしい働きを みせてくれる。

さて、すべてを食べ終わったら、机の上に置いてあるポット(お湯)をスープに注ぎ
飲むことができる。

ここで存在感を出してくるのが、ふきのとう

スープを飲んでいくとゴロゴロとふきのとうが入っているのが分かる。サイズとしては
2~3mm程度かな?

このふきのとうの独特の風味がまたスープの中でも存在感を放っていて、よくこの組み合わせ
を思いつかれたなと感心する。

あ~ あっという間に完食。 次は春ごろかな??

ご参考

  • 男性なら中盛+丼ぶり でそこそこお腹いっぱい
  • 並ばなければ15分以内には食事完了可能 席に着いてからは ほとんど待たない。
  • 食事の最後にスープを薄めて飲むこともお忘れなく

私の基準
★★★★★ このお店に行く為だけに時間をかけても訪れても良い
★★★★  30分圏内にいたら、立ち寄っても良い
★★★   近くにいたら、立ち寄っても良い

My Criteria
★★★★★ Restaurant I may take the time to visit just to go to
★★★★  Restaurant I want to visit if I am with in 30 minutes
★★★  Restaurant I may visit if I am nearby



An Inaniwa udon restaurant that is rare in Tokyo, which I have been visiting irregularly since I was taught by a certain person. To be honest, I don’t know what the standard of Inaniwa udon is, but it’s really delicious here. The place is Shimbashi Station, near the Yurikamome line  visit (opposite the SL Square), Shimbashi Station Building No. 1, and step up 2nd floor at 1F of this building that also contains the famous Pont Neuf.

When you first enter the store, you order in advance like a school cafeteria.
The menu is as follows Inaniwa Udon Shichizo Special Soup Tsukemen  
Large 1,350 yen
Medium 1,150 yen
Small 950 yen
Plus mini donburi set
Large 1,650 yen
Medium 1,450
Small 1,250 yen
I choose from Chirashizushi bowl, Maguro-zuke bowl, Salmon and salmon roe bowl, and Yamakake Tsukimi bowl.
I was hungry so I didn’t hesitate to choose the set of medium-sized udon noodles and the chirashizushi bowl where you can enjoy various ingredients, and I paid for it.
Soon, I was guided to my seat. they were lined up outside the store before covid situation.
By the way, this is what(pic①) was delivered in about 5 minutes or less!

First of all, I want to taste the soup, so I have udon. Inaniwa udon noodles, which are smooth and smooth, are served with a soup with a condensed flavor that I can’t taste anywhere else, and the best harmony is played in your mouth. The udon is chilled and tightened, the soup is as warm as human skin, and even a cat tongue like me steadily rubs it.

Oh, here I also introduce the leaflets. It seems that the ingredients will change depending on the purchase of the day, Tuna, yellowtail today? , Kombu kelp, squid, salmon roe, egg, cucumber, boiled shiitake mushrooms. The ingredients are cut like dice, I can enjoy the difference in texture, and they don’t insist too much, so it is nice as a bowl!  Now I eats udon again.

This is this soup. Looking at the restaurant’s homepage, the contents are based on his bonito, celery, duck meat, etc., and the duck meat is made into a paste, and sesame paste is added, and it is adjusted with soy sauce, mirin, etc. That’s right. It should have a deep taste … And there is a note at the entrance of the shop, the soup contains it’s Japanese Butterbur and green onions. This Japanese Butterbur will show great work after him. Now, when you’ve finished eating everything, you can pour the pot (hot water) on your desk into the soup and drink it. It is Japanese Butterbur that has a strong presence here. As you drink the soup, you can see that it contains rumbling and butterbur sprout. Is it about 2 to 3 mm in size? The unique flavor of Japanese Butterbur also has a strong presence in the soup, and I am impressed that I often came up with this combination. Ah, she finished eating in no time. Is it around spring next time? ??

天茶屋 七蔵うどん / 新橋駅汐留駅内幸町駅

昼総合点★★★★★ 5.0

コメント

タイトルとURLをコピーしました