洋食 イート(高井戸)★★★★  Wetern food restaurant EAT(Takaido)

杉並区(Suginami-ku)

絶品タンステーキはぜひここで。
場所は京王高井戸駅から徒歩10分程度



孤独のグルメに登場したお店。いつも思うが 孤独のグルメは 千歳船橋のまーさん 他 食べログの
点数だけでは測れない 独特なお店を紹介してくれるので、お店巡りの参考にしてます。
今回も その流れでちょっと変わったもの食べたいな~と思い、数ある洋食屋さんからチョイス。

ドラマの中では いつも食べすぎじゃないのと思うほど 良く召し上がっている井之頭五郎さん。
ここのメニューで 食べられていたのは ミートパトラ(1,200円)という ひき肉を辛いソースで
焼いているグラタンの様なもの?と タンステーキ(2,000円)だったのだが、どうするか 店に
着くまで葛藤する。

お店は高井戸駅から歩いて星野珈琲を過ぎて少しすると右手に見えてくる。

階段2階になるのだが、1階の看板にCLOSEとの文字が・・・。え、まだ12:45なのにと思い階段を登ってみると、普通に営業中
ですぐお店の人が気づいてくださり、中に通される。 
厨房の目の前に位置取るカウンターに通されると早速メニューチェック。

口コミを見るとみんなが旨いと言っているミートパトラもかなり魅力的なんだけど、デミグラスではなく、醤油とニンニクで味付けされているというタンステーキに僅かに自分の食欲が傾いた。

オーダーすると ほどなくして サラダがでてきた。これが噂のドレッシングか~。
自分のお好み量をかけられるスタイルらしい。

さっそくいただく。ほどよい酸味と旨味がたまらない。
洋食屋さんってドレッシングでもその料理のレベルも分かるような気がする。
これはメインへの期待が高まる。

たんステーキが出てくるまで10分かかったかどうか、ライスと一緒に提供されてきた。


 




またもやピンボケ。。
マッシュルームが一緒にソテーされているのが分かるでしょうか?
お出ましになって感じるのがタンそのものの、ボリュームの多さ。これで2,000円?
もちろん決して安くはないのだけど、1枚で2,000円て言われてもそうだよねと 納得するレベル。

そして提供された瞬間からガーリックと醤油の香ばしい香りが食欲を書き立てる。
これはライス一択でしょう。(パンも選べます)
タンというと どうしてもタンシューなどでデミグラスソースとのコンビネーションを連想しがち
だけど、この和風の組み合わせはどんなものなんだろうと一口いただく。

切りながらわかるタンの柔らかさ。
まず口にいれるとガツンとガーリックの旨味がそして醤油の香ばしさが後追いしてくる。
タンの柔らかさも最高。すかさずご飯を口にかきこむ。
ご飯との相性が抜群すぎる!
黙々と食べ進めていっても大きなタンが2枚もあるので、なかなかの満足感。
これで2,000円ならまた来たいし、ミートパトラにも挑戦してみたい。

最後には食後のアイスティーをいただいてごちそうさまでした!

参考までに

  • チキンO、ア・レ、ビーフシチュー、タンシチューと他にも魅力的なメニューがたくさん。
  • 普通の大人では井之頭五郎さんの様に2品はちょっと多いかなと思います。
  • 平日のランチではサラダとチャーチャースープなるものが付いているそう。
  • 土日営業 11:30-14:00 17:00-22:00(covid19の状況で変更あるようですのでご確認を)
  • 1階のclosedの看板には要注意(今回だけかもしれませんが・・。)

タンと醤油ガーリックの相性抜群★★★★

私の基準
★★★★★ このお店に行く為だけに時間をかけても訪れても良い
★★★★  30分圏内にいたら、立ち寄っても良い
★★★   近くにいたら、立ち寄っても良い

My Criteria
★★★★★ Restaurant I may take the time to visit just to go to

★★★★  Restaurant I want to visit if I am with in 30 minutes
★★★  Restaurant I may visit if I am nearby

イート洋食 / 高井戸駅富士見ケ丘駅

昼総合点★★★★ 4.5


The exquisite tongue steak is definitely here. The place is about 10 minutes on foot from Keio Takaido Station.

A shop that appeared in the TV Tokyo program “Lonely Gourmet”. As I always think, lonely gourmet introduces unique shops that cannot be measured only by the score of the tabelog, so I use it as a reference for visiting the shops. This time as well, I wanted to eat something a little different from that trend, so I chose from a number of Western-style restaurants.

In the drama, Goro Inogashira eats so well that I always think he eats too much. What was eaten on the menu here was the meat patra (1,200 yen), a gratin made by grilling minced meat in a spicy sauce? and tongue steak (2,000 yen), but I struggled until got to the store.

The restaurant will be on your right after walking from Takaido Station and past Hoshino Coffee.

It’s on the 2nd floor of the stairs, but the sign on the 1st floor says CLOSE. Well, I thought it was still 12:45, and when I climbed the stairs, it was open normally. The shop staff immediately noticed me and let me go inside. The menu is checked as soon as it is passed through the counter located in front of the kitchen.

It’s on the 2nd floor of the stairs, but the sign on the 1st floor says CLOSE. Well, I thought it was still 12:45, and when I climbed the stairs, it was open normally. The shop staff immediately noticed me and let me go inside. The menu is checked as soon as it is passed through the counter located in front of the kitchen.

Meat Patra, which everyone says is delicious when you look at the reviews, is also quite attractive, but it is said that it is seasoned with soy sauce and garlic instead of demiglace My appetite was slightly inclined to the tongue steak.

Shortly after ordering, a salad came out. Is this the rumored dressing? It seems to be a style that you can apply your favorite amount.

I’ll get it right away. Moderate sourness and umami are irresistible. I feel that a Western-style restaurant can understand the level of the dish even with dressing. This raises expectations for the main. It was served with rice to see if it took 10 minutes for the tan steak to come out

I’m sorry, it’s out of focus again. ..
Can you see the mushrooms sautéed together?  The volume of the tongue itself is what you feel when you come out. Is this 2,000 yen?
Of course, it’s not cheap at all, but it’s a level that makes sense even if one piece is said to be 2,000 yen. And from the moment it is served, the fragrant scent of garlic and soy sauce will stimulate your appetite.   This would be a rice choice. (You can also choose bread)
When it comes to tongue, tends to associate it with demiglace sauce, such as tongue.
However, I would like to know what kind of combination this Japanese style is. The softness of the tongue that you can see while cutting.
First of all, when you put it in your mouth, the umami of gut and garlic and the aroma of soy sauce follow. The softness of the tongue is also the best. Quickly squeeze the rice into your mouth. It goes too well with rice! Even if you keep eating silently, there are two big tongues, so it’s quite satisfying. If this is 2,000 yen, I would like to come again and try Meet Patra. At the end, I had an iced tea after a meal and enjoyed it!

コメント

タイトルとURLをコピーしました